麻雀

リーチを考えたのはバイニン、つまりプロの麻雀打ちだったという「ネタ」が阿佐田哲也の本のどこかに書いてあった。麻雀はとにかく和了するのが難しい。ロン+ドラ3で満貫とか言われても困るわけだ。リーチという役を作って、面前で聴牌してれば他に役がなくても和了できるというルールを作れば、素人さんでも和了できるかわからなくなればリーチすればいい。
しかし、ここにカモを狙うバイニンの罠があったのだ。
まず、リーチをすると手が変えられない。柔軟な打ち方をできなくして、ツモ切りを繰り返させることによりどんな危険牌でもたやすく振ってしまうようにする。そして「リーチしていたのだから今の放縦は仕方がない」と、まるで自分にエラーがなかったかのように錯覚してしまう。
さらに、聴牌していることを自ら明かさせることが出来る。どんなに手が見えなくても、聴牌して手が変えられないということはガラス張りも同然なんだそうだ。聴牌したら即リーチする人なら、リーチが来るまではどんな危険牌も通るということになる。
そして、面前で手を進めさせることにより手の進行を遅らせることができる。リーチが役になるからと、なくべき牌をなかなくなるというのだ。
以上、阿佐田の受け売りでした。ここはくらしに競馬をひろげる日記なんだけどな。たまには麻雀の話でも。