マリーンズ音楽集、その2

去年のプレーオフ後くらいにオイスカのCDにマリーンズのチャンステーマ、「福浦疾走」こと「SKINHEAD RUNNIN'」が収録されてるみたいなこと書いたんだけど、他にも色々マリーンズ関連が入ってるので再び。

12メイツ・スカル・ナイター・ウウゥ

12メイツ・スカル・ナイター・ウウゥ

2曲目の「JUSTICE CALLING 69」が、去年?一昨年?までやっていたらしい「Calling」というチャンステーマの原曲。これテーマに使えばいいのにと思ってた曲だったんだけど、もう使われてたのね。アップテンポのいい曲なんで、復活してほしいね。
3曲目の「NISHIOGI TOKIO」は、今は長く2軍暮らしが続く喜多の応援歌。慶応出身で6大学野球史上最高の打率という鳴り物入りで入団してきただけに、もう一度…、というかお前ら「キター」がやりたいだけだろ。
10曲目ラストを飾るのが「SKINHEAD RUNNIN'」、現存テーマの中で最速テンポと歌う部分の長さを誇る最狂の曲。しかもほぼ全タイミングでジャンプ推奨。出たら外野席は蒸し風呂状態に。人気の高い1曲。
ラヴィンサイド・ニュ-・ストンパ-

ラヴィンサイド・ニュ-・ストンパ-

触発されて↑コレも買ってみた。