ウイングレットには、特に思い入れはないような気がします

中山の坂を登る、あの一瞬の末脚にウイングレットの競走生活がオーバーラップとかしません。でも、サンデーブランチは結構好きだったなあ、なんて思いました。エアウイングス阪神牝馬Sとかでビックリしたしなー。まあ、それなりに好きだったような気もするし、千八専用とかそういうタイプが好みの、としてはとか思って競走成績見てみたら。
あ、新潟2歳Sで2着だっけ。どうしてウイングレットがこんなに好きだったのかって、新潟2歳があったからだ。うひょー。実際にレース映像は見てないんでオーバーラップしませんが、この世代の関東牝馬は好きだったなぁ。ダンスインザムードウイングレットヤマニンアラバスタ、ここの世代だ。オークスの最後の最後でダンスをぶっこ抜くヤマニンアラバスタ、スイープとヤマニンシュクルに外からぶっこ抜かれたダンスをちゃっかり差して馬券圏外に飛ばしたウイングレット、ここの世代か。本気でダンスインザムードを差しきれると思ったフラワーカップ、照男が内から無茶に抜けてきたのを後になって文字起こしした紫苑ステークスエリザベス女王杯を勝ったらディープインパクトに初めて土をつける馬になるはずだと妄想したり。
思い出ばっかり消えていくみたいだけれど、今年の3歳牝馬3強は面白そうね。ちょっと桜花賞が楽しみだ。そう、競馬ってクラシック前が一番楽しい。最近はドバイの前ってのもあるだろうねー。うっひょう、結果なんて知りたくないぜー。