昨日から今日にかけての競馬ニュースとか - 2011年2月21日

シンボリグラン@シルクロードS
芦毛!と思ってジョーカプチーノを狙いにいったら、シンボリグランが撮れてたでござるの巻。ブリンカーから覗くお目々のチラリズムが憎い。

フェブラリーSはトランセンドが勝利 - サンスポ

すでにGIIのゴドルフィンマイル(AW1600メートル)には選出されているが、「もしワールドCに選ばれれば、そちらに挑戦したい。ブエナビスタヴィクトワールピサは芝のすごい馬ですけど、オールウェザーだったら太刀打ちできるのでは」と安田隆師は胸を高鳴らせる。栗東のポリトラック(オールウェザー)では、9日に6ハロン73秒1と実戦並みの猛時計を叩き出しており、馬場への適性がある可能性は非常に高い。

栗東ポリの適正でメイダンのタペタ適正がどうとか言っちゃう男の人って……。
で、どう違うのか実はあまりよくわかってなかったりする。

フリオーソ最速上がり2着 - サンスポ

ミルコ・デムーロ騎手は「芝の切れ目に驚いたし、道中もいったん内に入れて、また外に持ち出すロスがあり、仕掛けが遅れた」と、スムーズな競馬ができなかったことを悔やむ。対照的に、川島正行調教師は「あの位置からよく伸びてきた。今回のような差す競馬ができるのなら、また中央にも挑戦したい」と走りには納得の表情。

バーディバーディ届かず3着 - サンスポ

「残り1ハロン手前で“何とかなるかな”って思ったけど、甘くないね。デキは申し分なかった。力は十分に出し切ってくれたし、ボクの仕事はできたんと違うかな」

 池江郎師は納得の表情でラストGIを振り返った。対照的に、悔しさをあらわにしたのが池添謙一騎手。「残り1ハロンでは勝てると思ったけど、勝ち馬に二枚腰を使われてしまった。先生に最後のGIをプレゼントしたかった」と唇を噛んだ。

後藤浩輝騎手が4日間の騎乗停止 - サンスポ

後藤浩輝騎手(36)=美・フリー=は20日東京4Rで(9)ラポールに騎乗して1位に入線したが、最後の直線で急に外に斜行し、(11)オマワリサン、(12)キーフォース、(4)ダイヤモンドアスクの走行を妨害したため7着に降着。26日から3月6日まで開催日4日間の騎乗停止となった。

オマワリサンの走行を妨害というあたりが、笑っちゃいけないんだけど笑ってしまう。公務執行妨害ですか……。
がんばれ!オマワリサン、日本の平和のために!


三歳ダートOPヒヤシンスSはラヴィアンクレールが優勝 - サンスポ

◆M・デムーロ騎手「返し馬の時はゴトゴトしていたが、ゲートが開いてレースになると集中して走ってくれた。すごく頭のいい馬だね。距離は千四〜千六ぐらいが良さそう。素質を感じるので重賞でも楽しみ」

*次走は伏竜S(4月3日、中山、OP、ダ1800メートル)の予定

スシトレインに比べたらレーザーバレットなんて生やさしい。

アパパネは熱発で中山記念を回避!マイラーズCへ - サンスポ

「17日の午後に熱発。軽度なもので翌朝にはすぐ下がったけれど、これだけの馬だから大事に行かないとね」と国枝調教師は話した。春の最大目標はヴィクトリアマイル。なお、マイラーズCの前に栗東に入厩するかは現在のところ未定だ。

宝塚記念が「ブリーダーズカップチャレンジ」対象競走に - ラジオNIKKEI

宝塚記念勝馬に与えられる特典
ブリーダーズカップ登録(種牡馬登録・産駒登録)されていることが条件
(1)その年のBCターフへの優先出走権
(2)出走登録料9万アメリカドルの免除
(3)輸送費補助として2万アメリカドルの提供

宝塚記念を勝つような馬はそもそも距離が短いって理由で秋の天皇賞を蹴らないだろうし、ダノンとか山本英俊的な人しか利用しないんじゃ……。ペルーサ宝塚記念勝ったらBCターフ行くかもだけど。

競馬以外

Twitter、プライバシーポリシーおよび収益化に関する違反、ならびに商標利用規約違反でUberMediaアプリケーションの使用を差し止め

twidroydが突如として使えなくなって何事かと思ったらそういうことなのね的な。twiccaに乗り換えました。