マリーンズ音楽論

音楽論というほど大それたものじゃないけれど、日々マリーンズ音楽について思うことが色々あるので。野球と音楽といえば、応援歌や球団歌などがまっさきに思い浮かぶだろうけど、投手交代ソングとか打席に入る時にかかる曲について思うことのほうが多い。
まずマリンスタジアムでわかりやすすぎなのが、橋本の「橋本真也のテーマ」。本人が好きなのか「橋本だから」なのか知らないが。これに合わせて「はっしもと!はっしもと!」って橋本真也まるパクでコールが起きるのは好きだな。迫力ある。
ひねくれてつながるのが大塚明の「Brand-New Myself〜僕にできることチャコールフィルター)」で、これは「MATCH」っていう炭酸飲料のCMでかかっていた曲。その発売元が「大塚製薬」なもんで、大塚つながりなのかと思ってしまうが、真相は闇の中。これも、曲に合わせて「オーオオー、オオオーオオオー」と歌うのが恒例。それも好き。
恒例といえば、堀幸一の打席に入る時のテーマ「P:Machinery(propaganda)」かな。これは曲に合わせて手拍子をして、時に掛け声を合わせる。ちゃんと曲を聴いてないと合わせずらいけど。うちの兄曰く「テレビ見てなくても次誰かまるわかり」だそうだ。
サブローの「栄光の架け橋(ゆず)」は、去年はマリーンズっぽくて好きだったな。優勝すんぞって気持ちにさせてくれた。迷わずに進めばいい、栄光の架け橋へと、ってライトスタンドで歌ってたな去年。ただ、この曲は歌うの推進派ばかりじゃないみたいなので要注意な1曲。個人的には好きなんだけど。
投手の入場曲編。藤田宗一の"WE WILL ROCK YOU"はありがちだね。顔にも合ってるし。この曲で一番印象深いのは、やっぱりアンディ・フグの入場テーマか。「ズンズンチャッ」というリズムに合わせて手拍子、ということはせずに、他の投手と同じく「フージータッ!」というコールがドラムに合わせて行われる。
薮田の「インディジョーンズのテーマ」は、子供心にスーパーヒーローだったジョーンズ博士が、どんなピンチでも切り抜けてくれそうで好き。ただ、薮田の場合はジョーンズ博士じゃなくてトイストーリーのウッディ顔なんだよな。ちなみにこの曲、ヤフドでは馬原の入場曲として使われている。
マリーンズとは関係ないけれど、ライオンズのインボイスでかかるPRIDEのあの曲を聞くと笑ってしまう。カブレラと対決して勝てるマリーンズの選手いないよ、勘弁してくれよ。